憧れのアカショウビンを追え!

仕事から帰宅し、ほぼ徹夜で車で数時間、所長に乗せてもらって
今日は去年鳴き声すら聞けなかった「アカショウビン」を追った

アカショウビンとは5月初旬に渓流のある暗い林に飛来するが、姿を見ることは少ない
燃えるような赤いくちばしと体全体が赤色を持つことから、火の鳥の異名を持つ
バーダーにとって憧れの鳥なのだ

そんな神出鬼没な鳥を、しかも餌付けや保護もされていない自然の中で
果たして見る事ができるのだろうか

山の麓でヒョロロロロ・・・・と鳴き声を数回聞いた
しかし、YouTubeでしか聞いたことがないのでそれが本当なのかわからなかった

山に入るとサンコウチョウを撮影しに来ていたバーダーさんが数人いたので
アカショウビンについて尋ねるとはなから見れるとは思っていないような答えだった
「毎日通って1回見れたらラッキーや」とも言っていた

気軽に通えるような距離ではない、どうしても今日見たい
雨が降りそうな天気、高めの湿度、沢、条件は揃っている
たしかに数時間前になるが鳴き声も聞いた

昼過ぎ、麓の方へ降りた沢で所長が「赤い!」と叫んだ
視力2.0の筆者が遠目のアカショウビンを捉えた
とりあえず証拠写真でも良いからシャッターを押して
「攻めるか、ほふく前進するか」と言いながら
身をかがめ、スパイのように木に隠れながら少しずつ近づき撮影した
DSC_0013.jpg

DSC_0016.jpg

また、カワガラスも初めて遭遇し、撮る事ができた
DSC_0002.jpg

今日も先週に続きドラマティックな日だった

再度山に妖鳥を追う    

早朝から妖精みたいな鳥「サンコウチョウ」を見るべく
所長と再度山へ行った
サンコウチョウ

サンコウチョウとは尾っぽが大変長く、紫色で目の周りには水色のリングが特徴的であり
まるでおとぎ話に出てくるような鳥なのだ
また鳴き方も独特で「ヒュイー、ホイホイホイ」と鳴く
メスはやや茶色帯びて尾が若干短く、鳴き方は「キョッ」と短い

鳥の世界ではオスの方が見た目も鳴き声も美しい場合が圧倒的で
人間世界とは真逆だと言えるだろう

そんな妖鳥を去年は篠山まで幾度か行ったが近くでは見れなかった
今回は所長が再度山で出る場所を現地のバーダーから聞き取り、そこへ出向いた

早い時間に撮れなかったもののサンコウチョウのメスを発見し
奥へ進むとつがいが飛び交っていた
早くも目的達成したが、もっとしっかり見たいとそれから探すも見れず
最後のポイントまで行って諦めムードで引き返した道で「ホイホイホイ」と鳴き声を聞き
最後の視力を振り絞って見る事ができた
また生物、環境の専門学校の授業で大阪から来ていた生徒と先生にも
タイミングよく教えて見せる事ができた、男子も女子もとても感動していたのが嬉しかった

事もあろうか、5メートルも無い程の距離にある沢で水浴びをする姿も見れ、空中で虫を
捕まえる瞬間も見れた、「あれは妖精だ」と言われても信じてしまうほどだった
サンコウチョウ20190524

いつものキャラクターも賑やかだった
20180524六甲

左上からソウシチョウ、キビタキ、メジロ、ウグイス、エナガ

入山して7時間、あっという間だった
もうお腹いっぱい、今日は出来すぎ
次回から今日を超える日があるのだろうか、去年のように「また今度リベンジやな」で
楽しみを先延ばしにしても良かったのかもしれないとも思う
けたたましい音を立てて木をつついていたアオゲラを探しに行くか・・・

釣りでは、未だかつてバス釣りの60㎝超えが達成されていない
二日前、ユージと狙いに行ったが
53.5、49、48の3匹だった
バス釣り20190522

やる事、やりたい事が多い、睡眠時間がかなりヤバい
明日は20時間仕事、明後日はスタジオ練習
これをできる環境と健康に感謝し今日は早く寝よう

やればできる    

先週、ライブの翌日に昼過ぎまで仕事をしてユージと所長の3人でバス釣りに出掛けた
サイズは53、48、47、44 ナマズが1、ばらしが3回
通いだして4年目、最高記録は58.5
「今年こそは!」と60オーバーを狙う
nomase.jpg

19時過ぎ日が沈み、辺りが見えなくなるぎりぎりまでいた
日が長いのはありがたい、長く遊べる
50を超えた今でも「いっぱい遊べる」と思う

昨日はバンドの看板を作ろうとユージの家に行った
野外ライブが多いので看板が必要だと思ったからだ
これはバス釣りより優先される事項なのだ

カインズでプラ板を買い
さぁ、作るぞ!と思っていたのに
またテレビゲームをやってしまった。。。
いつもの「地球防衛軍」と言うアホみたいなタイトルのゲームを控え目に5時間ほどやった

看板作りはユージに丸投げした
彼は見かけによらず絵が描けて、字も綺麗なのだ

筆者は曲を作った
黒猫のタンゴを軸にし、似ても似つかないほどアレンジを広げてできた「黒猫ゾンビ」という曲を
10時間費やして完成させた

よってユージは看板作りと新曲のベースも覚えなければならない
やればできる、ゲームはおあずけだ

新開地音楽祭

神戸新開地音楽祭にてミナエンタウン地下1階「Cafe Sun」でのライブ
新開地音楽祭08

久しぶりに機材を持って行かなくても良く
音の大きさによるクレームを気にしなくても良い
もうこれは例えるなら食べ放題、飲み放題みたいな感じだ

お客さんは聞いてくれるしリアクションも暖かく盛り上げてくれて
逆に筆者達をのらせて楽しませてくれた
新開地音楽祭05

セットリスト
①Waraming Up(オリジナル)
②太陽に吠えろ
③ミザルー
④ピンクパンサー
⑤ピーターガン
⑥傷だらけの天使
⑦Sleep Warlk
⑧007のテーマ
⑨ミッション・インポッシブル
⑩Puri Puri(オリジナル)
アンコール
⑪ミザルー
40分のライブ

細かいミスはあれどもとにかく楽しかった
来てくれた友人、美熟女、ジェントルマン・・・本当にありがとう
そしていつも「いや~良かったですよ」と甘やかしてくれるマスターの大ちゃん、ありがとう
新開地音楽祭07

写真は仲田 和司♪いつもありがとー!

次回のライブは6/23(日)須磨離宮公園、ポセイドン広場にて
11:30と14:00の2回ライブ
都合がよろしければお越しくださいませ

2019年GWのメモ        

GWは子供達が帰省し一家揃って家内の実家へ遊びに行くというのが
この数年の行事になっている。
田舎がある事は本当にありがたい
恒例のBBQは庭でやりたい放題♪何でも燃やし放題♪シメは焼きマシュマロ
翌日は大江山へ幻の滝と言われる「滝」を探したが、幻で終わった
20190504.jpg

兄弟、両親、皆良い人で仲が良くずっと笑いっぱなしだった

3日目、早朝に長男を駅まで送り、その足で次男とバス釣りへ出掛けた
この時期、ハズレなし!50、49、49、45㎝の4匹を釣り上げた
image1 (1)

夜はスーパー銭湯へ行き、帰りに夜更かししようぜ、とラーメンとか買って帰ったが
二人とも疲れ果てて寝てしまった。

最終日の今日はスタジオでライブのお稽古
朝ドラ「夏空」を見ながら弦を張り替え、次男に「またな」と言い先に家を出た
ドラムの下に折れたスティック5本が物語るように、プラグが抜けて
音が消えたぐらい稽古に力が入る
3時間ぶっ通してもまだ足りないぐらい不安は残るが
いつものようにカフェでアホな話をしたいのだ
どのくらいアホなのか、例えばユージが冗談ではなく言った言葉が
「弦切れたら新しいベース買うわ、ベースごと買ったらええねん」
「007の曲、途中どこ弾いとんかわからんようなる」
「傷天(傷だらけの天使)、いっこ間違えたらもう戻られへん」

5/12 新開地音楽祭ライブ、ミナエンタウン地下1階
 cafe SUN 12:50 Start 無料(要ドリンクオーダー)
映画やドラマのテーマソング、オリジナル等、10曲演奏します。是非お越しくださいませ