きな粉アイスキャンディー     

お客さんにソフトボールぐらいの大きな観賞用レモンを貰って
家内に「観賞用やから食べられないらしいで」と数回言ったのに
翌日ハチミツに浸けて食用になってました。

昨夜(土曜)深夜12時前、乗車した同い年ぐらいの酔った女性、帰宅途中コンビニに寄った
コンビニから家まで送る途中スナックから仕事の電話が入り
「7分程で行きます」と言った
降り際に「はい、これあげる」と 
きな粉アイスキャンディーをくれた

俺: ありがとうございます、でも食べれるかな~
客: 7分で食べて!
俺: 冷たいし運転しながらは無理かも、でも食べるのでありがとうございます
客: せっかく考えて買ったのにぃぃぃ
俺: いや、ほんまに気持ちはありがとうですよ
客: (泣きながら)何できな粉アイスなんか買ったんやろー
俺: ・・・・(心の中で)次行かなあかんのに早よ降りてくれ~
客: もうほんま自分が嫌や
俺: トランクに入れときますわ、この寒さやったら絶対溶けへんわ
必ず後で食べるので、きな粉のアイス美味しいからな~

その後、謝りの電話とトランクのアイスを忘れないようにと
2回電話があった。。。
きな粉アイスキャンディーは美味しい以上に冷たかった

朝食バイキングで爺さんに我慢できず多くを敵にまわすの巻   

29日から正月休みに突入し、30~31とGOTOは無くとも
ナガシマスパーランドへ行った
数年前、日帰りで行った際「今度は泊まりで来よう」と言ったことが実現できた 
前日にスタッドレスタイヤに履き替え、ワクワク感で4時に起き、家族を起こして出発 
心配した天候も到着寸前に晴れた
アホみたいに何度乗っても面白い絶叫マシン、特にホワイトサイクロンの後にできた
「白鯨」は傑作だった
20201230.jpg

夕食前に行った期待していなかったなばなの里イルミネーションがとても綺麗で行って良かったと思った
ホテルに帰ってすぐにディナーバイキング♪
ステーキが一番美味しかった、また蟹がバイキングで出る蟹にしては疑うほど美味しかった
腰が曲がるほど食べた後は広大な温泉で慰めのシェイプアップ
泥のように眠り、朝は7時にまたバイキング 
そこで事件が起きた・・・

あれこれとひと通り食べた後、フレンチトーストが美味しそうだったので取りに行った
大きな鉄板の上でフレンチトーストだけでなく、目玉焼き、鯛等の干し魚をシェフが焼いている
行くと親子が2人いたので左手に置いてある皿を取り、その親子の左側に立って
シェフの焼く仕事を見ていた、そうしている内に最初にいた親子の右側に6人ぐらいの列ができた 
親子の母親は目玉焼きを、息子はフレンチトーストを2切れ取り、トングを置いたので
自分はフレンチトーストを3切れ皿に乗せた、その時、右側のお爺さんに
「みんな順番に並んでいるのに!」と言われた 
「え~」と思いながら一瞬言うべきか黙るべきかを考えたが
「おたくの前から並んでましたよ」と言っていた 
するとそのお爺さんの右側で並んでいる人達の目線を感じたので
「皿やフォークがこっち(左側)にあるから普通はこっち(左)に並ばないですか?」と
老害じじぃの右側6人に言う格好になってしまった 
それから一気に食欲が失せ、その後カレーライスとアイスクリームぐらいしか喉を通らなかった

10時前にチェックアウトし、巨大なアウトレットショッピングモールをぶらぶらし
雪景色の高速道路を帰ってきた

腐っても12月 

こんな暇な12月は初めてだが、腐っても12月、飲み屋からのタクシー需要はそこそこある 
2日連続お漏らし客にもめげず、言われた通りに停車したのに泥酔客に
「ここどこや!こんなとこに降ろしやがって」と釣り銭を投げつけられたりもしたけど
500円玉が入っていたので「ラッキー♪」と思う自分が情けなかったり 
お婆ちゃんに「握手して」と言われ、握手したら離してくれなかったり 
迎えに行って遅いから電話を数回かけたら繋がらずそのままスッポンされたり 
プチトラブルみたいなのはよくある、しかし良い事の方がよくあるのでやってられる 
いろいろあったけどそんなこんなで今日は今年最後の仕事となる 
毎年大晦日~元旦は仕事をするのだが個人になったから正月休みを体験してみることにした
おそらく来年1月~3月は本当の暇地獄になるのではなかろうか
その為にもしっかり遊んでおこうと思う

健康診断 

さっき健康診断へ行ってきた、もう会社から健診はしてくれないので 
自ら国民健康保険から案内が来る指定病院へ行った 
受付を済ませ検尿のコップをもらい採尿・・・
チャック式のズボンをはいてくれば良かったのに今日に限って
ボタン式のGパンだった
ベルトを外しボタンを外し、もう全開状態、あろうことか硬い革ベルトの
右(留め具が付いていない方)が便器に当たった、「なんでやねん」と心で怒る
ビョンと延びたベルトが便器に突っ込まない距離まで離れるには距離が遠すぎるので
右ポケットに突っ込むしかなく、断腸の思いで便器に当たったベルトの先をポケットに突っ込んだ 
無事に採尿し、置き場に置く際、隣のコップを見るとごっつい濁ったコップがあった
こんなんと間違えられやしないかと一瞬不安になる

次は採血、えらいもので手術を経験するとこれまで非常に怖かった採血がさほど怖くなかった 
大人とはこういう事だなと思った
身長、体重、血圧・・・問診を済ませて終了 
血液検査の結果は後日郵送される

帰りにそこの病院内にある筆者のお客さんが経営する散髪屋で髪を切り帰宅した
今日から年内最終営業日の28日まで無休で仕事をするつもり 
さて、洗車をしにガレージへ行くとする

蒸気タバコVS加熱式タバコ     

土曜の夜、70代の女性がタクシーに乗って
「窓開けさせてくださいね」と、走行中にドアを開けられ  
あわや惨事になる所だった樋口です。

1週間ほど前から目の為にタバコをやめようと思い
ネットでいろいろ試してみた
P1020200.jpg

↑左がシャア専用加熱式タバコ(勝手に言っている)にニコチン、タールが0のニコノンと言う銘柄 
ニコチンがゼロと言うだけで他はタバコと全く変わらない

中央が使い捨て蒸気タバコ、5本入りで2700円ぐらい 
1本で500回ぐらい吸える 
吸うと先端が赤く光り、煙もしっかり出る、また味が濃いほどある 
砂糖が焦げるような香りと言うか味がする

右は普通のタバコ

左の加熱式が良く、味も爽やかでこれまでのニコチン入りのタバコより良いと思えたので
普段吸っていたタバコは直ぐに止めれたが、吸うという行為はそのままなので
これを禁煙と言えるのかどうかだが、まぁ良しとしておこう
経済的な観点からはタバコを吸うのと同じでニコノンが特別安いわけではないが
ニコチン、タールを止める目的は果たせた
ただシャア専用加熱スティックの充電が直ぐに切れるので予備が必要かも

こうなると余ってきたのが中央の蒸気タバコ 
良くも悪くも非常にリアル、先端が吸う強さに合わせてじわりと赤く光るし、煙もモクモクと出るので
喫煙所で吸わなければ誤解を招く事になる
実際ショッピングモールの喫煙所で吸ってみたが
オモチャだとバレやしないか、とか何とも言いようが無い、妙にアホみたいな気分になる
自分だけモデルガンで自衛隊に参加、みたいな感じだろうか
1本で500回も吸えるものが5本、なかなか無くならない
しかし考えようによっては何とも言いようのないアホみたいな気分になれるのは蒸気タバコしかない
大の大人がモデルガンで自衛隊に参加する気分を手軽に味わえるのだ

蒸気タバコの煙の中に無限に広がる妙なアホの可能性を見た気がする