蒸気タバコVS加熱式タバコ     

土曜の夜、70代の女性がタクシーに乗って
「窓開けさせてくださいね」と、走行中にドアを開けられ  
あわや惨事になる所だった樋口です。

1週間ほど前から目の為にタバコをやめようと思い
ネットでいろいろ試してみた
P1020200.jpg

↑左がシャア専用加熱式タバコ(勝手に言っている)にニコチン、タールが0のニコノンと言う銘柄 
ニコチンがゼロと言うだけで他はタバコと全く変わらない

中央が使い捨て蒸気タバコ、5本入りで2700円ぐらい 
1本で500回ぐらい吸える 
吸うと先端が赤く光り、煙もしっかり出る、また味が濃いほどある 
砂糖が焦げるような香りと言うか味がする

右は普通のタバコ

左の加熱式が良く、味も爽やかでこれまでのニコチン入りのタバコより良いと思えたので
普段吸っていたタバコは直ぐに止めれたが、吸うという行為はそのままなので
これを禁煙と言えるのかどうかだが、まぁ良しとしておこう
経済的な観点からはタバコを吸うのと同じでニコノンが特別安いわけではないが
ニコチン、タールを止める目的は果たせた
ただシャア専用加熱スティックの充電が直ぐに切れるので予備が必要かも

こうなると余ってきたのが中央の蒸気タバコ 
良くも悪くも非常にリアル、先端が吸う強さに合わせてじわりと赤く光るし、煙もモクモクと出るので
喫煙所で吸わなければ誤解を招く事になる
実際ショッピングモールの喫煙所で吸ってみたが
オモチャだとバレやしないか、とか何とも言いようが無い、妙にアホみたいな気分になる
自分だけモデルガンで自衛隊に参加、みたいな感じだろうか
1本で500回も吸えるものが5本、なかなか無くならない
しかし考えようによっては何とも言いようのないアホみたいな気分になれるのは蒸気タバコしかない
大の大人がモデルガンで自衛隊に参加する気分を手軽に味わえるのだ

蒸気タバコの煙の中に無限に広がる妙なアホの可能性を見た気がする

年内最後のバンド練習 

鉄火巻きのマグロの部分に舌を突っ込んだりしながら
食べてたら舌を強く噛んで、そこにお茶が染みた樋口です

今日は年内最後のバンド練習 
久しぶりに自前の機材を持ち込んだら
ドラムセットの組み立て方をもう忘れていた
動画を撮ると笑かし合いになり、度々途中で演奏が止まる始末・・・
これは↓まだ見せても大丈夫だと思われるほんの一部分


他のNG動画は大人としてとても見せるとこができません

普通なのを数曲ピックアップしてみた↓


また来年ライブができますように

電源とライブスペースがあれば喜んで無償で演奏します
見る人が少なくても全然気にしないので変な所でもやってみたい
でも去年の須磨浦山頂桜まつりのようにロープウェイとカーレーター、階段、登山道を
機材を運ぶのは忘れない良い思い出になったけどもう無理だ
されど、あの苦労と山頂での宴を共にして深まった絆は宝に違いない

あ、先に風呂入られた・・・
お湯を残しといてくれますように

秋の味覚BBQ&紅葉狩り 

今日はオムライスや♪と喜んで食べるとインゲンが入っている瞬間に喜びが消える 
肉じゃがでもインゲンで食欲半減・・・恐るべし負のパワー!
インゲンってがっかりさせる小さな巨人だと思うのは筆者だけでは無いだろう
しかし家内に「インゲン入れんとって」とは言わないのが成長の証、としておこう

今日(15日)は9時にスーパーへ集合して食材を買いBBQへ行ってきた♪
せっかくの秋なので太刀魚、サンマ、牡蠣、帆立、エビ・・・漁獲類を多く取り入れ
王道の食材、鶏モモ、牛肉、タン、手羽、ズリ、ホルモン、ジャンボフランク、きのこ、しいたけ 
レンコン、玉ねぎ、白ネギ、厚揚げ・・・
20201115.jpg

ホルモンはキャンプファイヤーになるから気を付けろ
ジャンボフランクは直ぐこげる
厚揚げポン酢は満腹でも美味しく食べれる
貝殻付きの牡蠣もさることながら鉄板でバター焼き牡蠣は絶品
太刀魚、サンマの味は料亭を越えた、料亭でサンマが出るかどうかは知らんけど 
焼きマシュマロは幸せを感じ過ぎる食感と甘さ 
屋外で湯を沸かして飲むインスタントコーヒーが何故あんなに美味いのか 
全員でやった「お絵かき伝言ゲーム」で椅子から落ち、転げ回るほど笑った

夕方、腹ごなしに森を散策して紅葉狩り
2020111502.jpg

珍しいトラツグミが見れ、エナガの群れにも遭遇した
よく食べて喋って笑って遊んだ
家に帰るともう真っ暗、お腹は空かず晩御飯は抜いて今から風呂屋へでも行くとする

アップ神鍋ダウンヒル 

先日営業車(タクシー)の若返り工事をいつものように
主治医のメカニックTさんにやってもらった♪
20201107.jpg

ラック&ピニオン、タイロッドエンド、ラジエーター、サイドスリップ調整・・・
数時間に及ぶ作業の横で自分はただ喋って笑っているだけだった 
Tさんがいるから57万キロ走った車でもまだまだ乗れると思えるし
強く乗りたいと思う

その翌日、くるぶしの骨折から爬虫類並の回復を経て 
すでにダッシュもできるし、階段も2段飛ばしで駆け上がれるので
ずっと前から所長と行きたいなぁと言っていた
アップ神鍋ダウンヒルへついに行ってきた
20201108.jpg

仕事が終わり、夜中の3時過ぎに寝てもわくわく感から6時に目が覚めてしまい 
本当は「もう行こか」と連絡したかったが、8時半~9時ぐらいに出よかと
話し合っていたので連絡するのを我慢して8時過ぎに連絡をしたら所長は
5時から起きてごそごそしていたと言う 

MTBを所長の車に積んでもらいアップ神鍋まで約2時間40分
昨日の雨のせいで人出は少なくリフト待ち時間ほぼ無しで乗り放題 
雨の影響はほとんど無く気温も快適だった

コースは初級、中級、上級とざっくり3コースあり
とりあえず全部行ってみたが、上級は難しい 
2回転倒した、所長も転倒した際、タマを削られたと言っていた、なんと恐ろしい事か
上級コースに行く人がいない事がすぐにわかった
筆者のお気に入りは途中で林道へ入る中級コース
所長は2回目からは転倒無く上級コースを何度も楽しんでいた
<MTBで丘とたわむれる所長↓>


動画では傾斜が伝わらず、簡単だと思ってしまう
実際筆者らもアップ神鍋の動画を見て、心のどこかで「余裕やろ」と思っていたが
初級コースにせよブレーキなどさほど効かずかなりのスピードが出るので注意

帰りの車の中ではずっと思いだしながらダウンヒルの話しをしていた
念願のアップ神鍋ダウンヒル、かなり期待して行ったが、それ以上に
面白く良い所だった
所長は明日にでもまた行きたいぐらい興奮していた

カレー戦争    

筆者はカレーライスが大好きだ 
3連続カレーでも良い、実際1度カレーを作るとそうなっている 

ただ何年も前から作る際に「水を計ってくれ」と頼んでいるが
家内は計ってくれない、おかげで水っぽいシャバシャバのカレーになる時がある 

先日は勇気を出して強めの口調で言ってみた
「水、計れや!」
いきなりの右ストレートだ

「昔から計ってないし、入れる具によって変わるやん」と応酬してくる

まったくアホの勝気は質が悪い

「これまで何回シャバシャバになっとるねん!具がもったいないわ」

「気に入らんかったら食べんでええやん」

「じゃ、もういらんわ」とシャバシャバであっても言えないところがカレーの魔力

「シャバシャバやったら食べへんわ」と食べてみたら普通だった
仮にシャバシャバだったとしても
「見てみぃ、シャバシャバやろ」とシャバシャバと食べただろう

しかし、しかしだ

「計れや」の言い方が悪かったとは思うが
過去何度も「計ってくれ」と言ってきた事もあり
今回、あぁ~またかよ、の気持ちとため込んでいた感情が相まって
「水計れや」という言い方になったのだが

カレーの水を計る事がそんなに悪い事なのか